11月
0

    今日から11月です。

     

     

    11月(じゅういちがつ)はグレゴリオ暦で年の第11の月に当たり、30日間ある。

    日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。
    「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。
    他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。
    また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。

     

    英語での月名、November(ノーヴェンバー)は、「9番目の月」の意味で、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来している。
    実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で、(そのため年末の2月は日数が少ない)3月から数えて9番目という意味である。

     

    異名

    かぐらづき(神楽月)、かみきづき(神帰月)、けんしげつ(建子月)、こげつ(辜月)、しもつき(霜月)、しもふりづき(霜降月)、しもみづき(霜見月)、てんしょうげつ(天正月)、ゆきまちづき(雪待月)、ようふく(陽復)、りゅうせんげつ(竜潜月)

     

    11月の季語

    初冬、神無月、神の旅、神送、神渡、神の留守、初時雨、初霜、冬めく、炉開、口切、亥の子、御取越、達磨忌、十夜、酉の市、熊手、箕祭、茶の花、山茶花、柊の花、八手の花、芭蕉忌、鉢叩、冬安居、七五三、帯解、袴著、 髪置、新海苔、棕櫚剥ぐ、蕎麦刈、麦蒔、大根、大根引、大根洗ふ、大根干す、切干、 浅漬、沢庵漬く、茎漬、酢茎、蒟蒻掘る、蓮根掘る、泥鰌掘る、鷲、鷹、隼、鷹狩、 鷹匠、小春、冬日和、冬暖、冬耕、青写真、帰り花、冬紅葉、紅葉散る、落葉、銀杏落葉、柿落葉、枯葉、木の葉、木の葉髪、凩、時雨、冬構、北窓塞ぐ、目貼、風除、お火焚、勤労感謝の日、神農祭、報恩講、網代、柴漬、竹瓮、神迎、大綿
                        (Wikipediaより)

     

     

     

    十一月(霜月・しもつき)
     
    霜月

    霜が降りる頃であることから、
    「霜月」と呼ばれるようになったというのが一般的のようです。

    季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。


    11月の行事・暦・祭り(平成30年・2018年)

     

    1日(木)秋土用の間日

    2日(金)唐津くんち(4日)

    3日 (土・祝)文化の日 秋土用の間日

    4日 (日) ユネスコ憲章記念日

    6日 (火) 秋土用明け
    7日 (水) 立冬

    8日 (木) 伏見稲荷大社火焚祭

    15日 (木)七五三
    22日 (木)小雪

    23日 (金・祝) 勤労感謝の日

     

    11月の他の別名
     

     神楽月(かぐらづき)
     子月(ねづき)
     霜降月(しもふりづき)
     雪待月(ゆきまちづき)
     建子月(けんしげつ)
     暢月(ちょうげつ)
     達月(たつげつ)
     復月(ふくげつ)
     神帰月(かみきづき)
     天正月(てんしょうづき)
     
    11月の暮らし

    七五三 紅葉狩り
    暖房器具の準備
    喪中・年賀欠礼状の準備
    インフルエンザの予防接種

    新そば 酉の市 千歳飴 日向ぼっこ 冬支度


    11月の自然

    木枯らし1号 小春日和 時雨
    初霜 氷雨 糸遊 いわし雲


    11月の花
     

    菊 山茶花(サザンカ)
    シクラメン 柊(ヒイラギ)
    もみじ ポインセチア
    金木犀(キンモクセイ)
    南天(ナンテン)


    旬の食材 


    野菜
    しめじ くわい 白菜 小松菜
    大根 れんこん カリフラワー
    ブロッコリー 人参 ほうれん草
    三つ葉 かぶ かぼちゃ ごぼう
    新米 里芋 野沢菜

     

    魚介
    あさり かます 鰯(いわし)
    平目 秋刀魚(さんま)

    さんま
    鰈(かれい) 河豚(ふぐ)
    金目鯛(きんめだい)
    牡蠣(かき)

     

    果物


    時候の挨拶
     
    菊薫る候 晩秋の候 深秋の候 向寒の候 紅葉の候 暮秋の候
    初霜の候 霜降の候 初冬の候 小春日和の好季 向寒のみぎり
    向寒のおりから 朝晩めっきり寒くなって参りました
    穏やかな小春日和が続いております 落ち葉舞う季節となりました
    日増しに寒さが加わって参りました

    【結び】
    向寒の折、くれぐれもご自愛ください
    風邪など引かないよう、温かくしてお過ごしください


    豆知識
    紅葉狩り
    紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ、「万葉集」にも登場しています。
    平安時代の頃には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開いていたようで、その様子は「源氏物語」にも描かれています。
    その後、江戸時代には庶民も楽しむようになり、季節の行事として定着していきました。

    紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのはどうしてでしょう。
    「狩る」とは獣を捕まえるということですが、花や草木を探し求めるという意味もあるそうで、果物を採る場合にも使われます。「いちご狩り」や「ぶどう狩り」って言いますよね。
    採集するわけでもなく、紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのは、狩猟を好まない貴族が自然を鑑賞するすることを狩りに例えたといわれていますが、定かではありません。春の桜は「花見」といい桜狩りとは言いませんよね。やはり狩猟のシーズンの秋だから「狩り」という言葉を用いたのでしょうか。

    また、元々は紅葉を集めて楽しんでいたのが、眺めることに変わっていったという説もあります。

    季節の言葉
    小春日和(こはるびより)
     晩秋から初冬の頃の暖かく穏やかな日のこと。
    ※春の気候を示す言葉として、誤って使うことが多いので気をつけましょう。

    帰り花(かえりばな)
    小春日和に、桜や梅など季節外れに咲く花のこと。
    ポカポカ陽気に春が来たと勘違するのでしょうか。

                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:10 | comments(0) | - |