コンニャクの葉
0

    6月12日

     

    出てきたコンニャクの芽から葉がのぞいています。

     

     

    こちらの芽からも葉が見えています。

     

     

    都合五つの芽から葉がのぞいています。

     

    蒟蒻 (こんにゃく)

    (砂払い(すなばらい))
    

     

    ・里芋(さといも)科。
    ・学名
     Amorphophallus rivieri
     var. konjac(こんにゃく)

     Amorphophallus :
     コンニャク属
     konjac : コンニャク

     

    ・東南アジア原産。
    ・奈良時代に渡来した。
    ・主産地は北関東、福島地方。

    ・山間の畑で栽培される。
    ・地下部分に「こんにゃく玉」と呼ばれる球茎ができて、

     これを原料としてあのふにゃふにゃの「こんにゃく」ができる。

    ・花はちょっとグロテスクな形で茶色。
    ・地下の球茎「こんにゃく玉」が何年もたってかなり大きくなると咲くようだ。

    ・別名
    「砂払い(すなばらい)」
     こんにゃくを食べると体内の砂が出る、という言い伝えから。

                        (季節の花300より)

     

     

    8時59分の気温は22.8℃です。

    昨日(11日)は台風5号の影響で相当雨が降りました。

    24.0mmの雨量でした。

     

    今日(12日)も雷の予報が出ていますので午後には雨が降るでしょう。

    3.0mmの雨量でした。

    関東地方のあちこちで雹が降ったとのことです。

     

    posted by: 1513neoya | 野菜作り | 01:30 | comments(0) | - |