芒種
0

    今日6月6日は芒種です。

     

     

    芒種(ぼうしゅ)は、二十四節気の第9。
    五月節(旧暦4月後半から5月前半)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が75度のときで6月6日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から11/24年(167.40日目で6月7日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の夏至前日までである。

     

    季節

    芒(のぎ 、イネ科植物の果実を包む穎(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまくころ。
    『暦便覧』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されている。
    実際には、現在の種まきはこれよりも早い。

    西日本では梅雨入りのころ。
    沖縄県では小満から芒種が梅雨の時期に当たり、梅雨のことを沖縄方言で「小満芒種(すーまんぼーすー)」と言う。


    七十二候

     芒種の期間の七十二候は以下の通り。
      初候

    蟷螂生(かまきりしょうず)イメージ画像
       螳螂生(とうろう しょうず) : 螳螂が生まれ出る(日本・中国)
      次候

    腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)イメージ画像
       腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れ蛍になる(日本)
       鵙始鳴(もず はじめて なく) : 鵙が鳴き始める(中国)
      末候

    梅子黄(うめのみきばむ)イメージ画像


       梅子黄(うめのみ き なり) : 梅の実が黄ばんで熟す(日本)


       反舌無声(はんぜつ こえ なし) : 鶯が鳴かなくなる(中国)

                        (Wikipediaより)

     

     

     

     

     

     
    芒種(ぼうしゅ)
     
     

     
    6月6日頃(平成30は6月6日)。
    および夏至までの期間。
    太陽黄径75度。
    小満から数えて15日目頃。


    芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています(実際の種まきは、これよりも早い時季に行います)。


    梅の実が青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めます。

    かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。

    次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入ります。
     

    五月雨(さみだれ)
    陰暦の5月頃に降り続く雨、いわゆる梅雨(つゆ)のことです。
    夏の季語。

     

    芒(のぎ)
    イネ科の植物の花についている針のような突起のこと。

    禾とも書きます。
                        (日本の行事・暦より)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 01:11 | comments(0) | - |