カウンター

Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
http://neoya.lomo.jp/
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
黒豆 二日目と三日目
0

    1月5日

     

    翌日(5日)の朝、一晩汁に漬けておいた黒豆の鍋の蓋を開けました。

    今日は灰汁を取ってからじっくりと煮ていきます。

     

     

    9時52分 まず強火で煮ていきます。

     

     

    10時07分 そろそろ沸騰してきました。

     

     

    10時09分 灰汁の泡が出てきました。

     

     

    泡が大きくなってきました。

     

     

    泡がこぼれそうになってきました。

     

     

    10時10分 お玉で泡をすくい取りました。

     

     

    ここでびっくり水を入れます。

    黒豆の袋にはさし水と書かれていますが、

    NHK「今日の料理」の土井善晴さんのレシピではびっくり水と言ってます。

     

     

    10時11分 再び沸騰してきて灰汁が出てきました。

     

     

    お玉で灰汁をすくい取ります。

     

     

    2回目のびっくり水です。

     

     

    出てきた灰汁を取ります。

     

     

    3回目のびっくり水です。

     

     

    もう灰汁の泡が出てこなくなってきたので

     

     

    10時16分 火を弱めて

    (写真では炎が大きく見えますが実際は最も細い炎です。)

     

     

    キッチンペーパーで作った落し蓋を入れて煮ていきます。

     

     

    11時05分 水を足します。

    1時間おきに蓋を取って中を確認しないと水がなくなって焦げてしまう恐れがあります。

    以前焦げ付かせてしまい、失敗したことがありましたので

    面倒でも1時間おきに中を確認するようにしています。

     

     

    12時03分 また水を足します。

     

     

    13時05分 焦げ付いてないです。

     

     

    14時02分 この調子でいけば今回は上手くできそうです。

     

     

    15時01分 もうそろそろいいでしょう。

     

     

    15時04分 最後の水をさします。

     

     

    15時31分 火を止めます。

     

     

    ふたをしてこのまま翌日まで置いておきます。

     

     

    6日朝 さて、出来栄えはどうでしょうか。

     

     

    落し蓋を取り除くとぷっくりとした黒豆が顔を出しました。

     

     

    しわもよらず黒光りしています。

    我ながらいい出来栄えです。

    これなら今日の新年会に胸を張って出して皆さんに食べていただけます。

    孫の舞ちゃんはお豆が大好きとのことなので喜んでもらえそうです。

     

    posted by: 1513neoya | 料理 | 03:50 | comments(0) | - |