明治神宮御苑 葵形 秦王破陣舞 大江戸
0

    6月13日

     

     

     

     

     

    葵形

     

     

    葵 形   あおいがた   AOIGATA

    江戸系  ごく薄い紅紫地に紫脈、鉾紫の三英、直径14cm前後の中輪。

    江戸花菖蒲の古花の一つで、おそらくは江戸後期の作出と思われる。


    肥後系や伊勢系のような「思想」がなく、悪く言えば雑多な集団とも言える江戸花菖蒲だが、それでも特徴としてあげられるのが、この白地に紫の脈が入るタイプの花が多いことである。
    この爽やかな色彩のパターンを、平尾先生は1973年のガーデンライフ誌に「いなせな若衆のような」と表現されているが、まさに江戸っ子の粋がこの花色によく表れていると思う。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

     

     

     

     

     

    秦王破陣舞

     

     

    秦王破陣舞

     

     

    秦王破陣舞   しんのうはじんまい SHINNOU HAJINMAI

    江戸系   白地に藍紫の筋が入り、鉾は紅紫に白糸覆輪が入る三英大輪。

    江戸花菖蒲の古花の一つで、明治時代に四つ木にあった吉野園という花菖蒲園で作出された。

    同園の花としては「御所遊」が有名である。

    栽培の希な品種で、この写真は加茂が明治神宮で撮影した、かなり昔の写真である。

    私も神宮には花どきに数回訪れたことがあるが、この花は確認できないでいる。

    もしかしたら神宮でも既に絶えてしまっているかもしれない。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

     

     

     

    大江戸

     

     

    大江戸   おおえど   OEDO

    江戸系   中生   やや桃味を含む独特な藤色の三英花。

    花径はおよそ16cm前後の中輪。
    草丈は100cm程度になる。

    性質、繁殖は普通。

    江戸系古花の一つで、明治時代に、堀切小高園で作出され、農学博士の三好学氏が命名したと伝えられる品種。
    花弁がおだやかに大きく垂れる。

    栽培は少ないが、昭和40年代に明治神宮が全国の神社や植物園に花菖蒲を分譲したことがあり、その頃からの園では残っている所もある。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:16 | comments(0) | - |
    明治神宮御苑 夕日潟 和田津海 奥葵形
    0

      引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

      解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

       

       

      6月13日

       

       

       

      夕日潟

       

       

      夕日潟   ゆうひがた   YUHIGATA

      江戸系   中生   明るい紅紫に白筋が少し入る平咲き六英。

      花径はおよそ14cm程度の中輪。
      草丈は約70cmほど。

      性質、繁殖は普通。

      江戸花菖蒲の古花の一つ。

      栽培は比較的少ないと思われる。

                     (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

       

       

       

       

       

       

      和田津海

       

       

      和田津海   わだつみ   WADATSUMI

      江戸系   中生   薄紺青に白筋の三英花。

      花径はおよそ10cm程度の小輪。
      草丈は80cm前後。性

      質、繁殖は普通。

      江戸花菖蒲の古花の一つで、松平菖翁の作出した「菖翁花」と呼ばれるものの一つ。

      「花菖蒲花銘」には「三英藤紺青白網」とあり、現存品もまさにその通りで、その花容は品種名ともよく似合っています。

      弁は小粋に波打ち、丁度「煙夕空」のような群生美の美しい品種。

      草勢繁殖共普通だが、比較的小輪で、悪く言えば存在感が薄いためか、保存する園は少ない。

                    (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

       

       

       

       

      奥葵形

       

       

      奥葵形   おくあおいがた   OKU AOIGATA

      江戸系   中生   白地に紅紫の脈と砂子が入る三英花。

      花径はおよそ14cm程度の中輪。
      草丈は100cmくらい。

      性質、繁殖は普通。

      江戸花菖蒲の古花の一つで、いかにも江戸の古花らしい古風な趣のある品種。

      鉾が大きく立ち、他の花とは少し違う印象を受ける。

      江戸花菖蒲の古花は、昭和40年代頃に、明治神宮が全国の植物園や神社に、明治神宮にて栽培されていた江戸花菖蒲を分譲したこともあって、その頃からの園ではまだ保存しているところもある。
      多くの園が公営だったり、神社だったりするので、品種の販売は行わず、そのため一般には入手するのが難しいが、神宮様からの頂き物だからということで、絶やさず大切に保存されている園も散見される。

                     (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

       

      posted by: 1513neoya | 植物 | 02:58 | comments(0) | - |
      閻魔詣
      0

        今日7月16日は閻魔詣です。

         

        閻魔(えんま)は仏教、ヒンドゥー教などでの地獄、冥界の主。
        冥界の王として死者の生前の罪を裁く神。
        日本の仏教においては地蔵菩薩の化身とみなされ同一視されている。

         

        平成29年1月16日にお詣りしました杉並区松ノ木の称光山 華徳院 長延寺の閻魔大王です。

        江戸三大閻魔の一つです。

         

        名称

        閻魔大王双福

        閻魔は、サンスクリット語及びパーリ語のヤマ (यम, Yama) の音訳。

        ヤマラージャ(यमराज, Yama-rāja、ラージャは王の意味)とも。
        音訳は閻魔羅闍(えんまらじゃ)、意訳は閻魔大王(えんまだいおう)。
        略して閻羅王(えんらおう)、閻(えん)とも。

        Yama(閻魔)は、縛、雙世、雙王、静息、遮止、平等などと和訳される。
        縛は罪人を捕縛する意、雙世は彼が世中、常に苦楽の二つの報いを受ける意、雙王は兄妹一対で二人並びたる王の意、また平等は罪人を平等に裁くとの意からこれらの和訳がある。

         

        杉並区松ノ木の称光山 華徳院 長延寺の閻魔大王のお顔を大きくしました。

         

        各地の信仰

        インドの「ヤマ」

        本来はインド・イラン (Indo-Iranian) 共通時代にまで遡る古い神格で、『アヴェスター』の聖王イマ(中世・近世ペルシア語でジャム(「輝けるジャム」の意味でジャムシードとも呼ばれる))や北欧神話の巨人ユミルと同起源である。

        『リグ・ヴェーダ』では、ヤマとその妹ヤミー (Yami) はヴィヴァスヴァットの子で、母はトヴァシュトリの娘サラニュー(英語版)とされた。
        人間の祖ともされ、ヤマとヤミーの兄弟姉妹婚により最初の人類が生まれた。

        ヤマは人間で最初の死者となり、死者が進む道を見いだした。
        そして死者の国の王となった。
        虚空のはるか奥に住むという。
        インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされた。
        そこは死者の楽園であり、長寿を全うした後にヤマのいる天界で祖先の霊と一体化することは、理想的な人生だと考えられていた。

        しかし後代には、赤い衣を着て頭に冠を被り、手に捕縄を持ち、それによって死者の霊魂を縛り、自らの住処・国に連行されると考えられた。
        ヤマの世界は地下だとされ、死者を裁き、生前に悪行をなした者を罰する恐るべき神と考えられるようになった。
        骸骨の姿をした死の病魔トゥルダクや、神犬サラマーから生まれた四つ目で斑の二匹の犬サーラメーヤ (Sarameya) を従える。
        ついには単なる死神としても描かれるようになった。
        また、ヤマは時として死と同一視される向きもあった。

        現在のインドでは、青い肌で水牛に乗った姿で描かれる(本来は黒い肌だが美術上の様式として青く描かれる)。

         

        お隣の部屋にいました閻魔大王です。

        舌を抜く大きな釘抜きがあります。

         

        東アジアの「閻魔」

        インドのヤマは、のちに仏教に取り入られて閻魔天となり、地獄の主と位置づけられるようになった。
        ただし一説には、本来はヴェーダのYamaという同一尊から二途に分かれていったとも考えられている。

        その二途とは
        一つは、下界の暗黒世界、すなわち地獄界の王となった。
        つまり本項の閻魔。

        一つは、上界の光明世界、すなわち六欲天の第三天である夜摩天、あるいは焔摩天

        しかし、閻魔はYama(ヤマ)であるが、夜摩・焔摩はYaamaあるいはYaamaa(ヤーマ、ヤーマー)なので、本来は関係ないが混同されたと考える向きもある。


        中国

        中国に伝わると、道教における冥界・泰山地獄の主である泰山府君と共に、冥界の王であるとされ、閻魔王、あるいは閻羅王として地獄の主とされるようになった。

        やがて、晩唐代に撰述された偽経である『閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土経』(略して『預修十王生七経』)により十王信仰と結び付けられ、地獄の裁判官の一人であり、その中心的存在として、泰山王とともに、「人が死ぬと裁く」という役割を担い、信仰の対象となった。
        現在よく知られる唐の官人風の衣(道服)を纏った姿は、ここで成立した。

        また、中国的な発想では、冥界の主宰者である閻魔王や、十王であっても、常住の存在とは考えられていない。
        それらの尊格も、生者が選ばれて任命され、任期が過ぎれば、新たな閻魔と交替するのが当然と考えられていた。

        よって、唐代や明代に流布した説話にも、冥界に召喚されて、閻魔となった人間の話が見られる。
        清廉潔白で国家を支えた優秀な官吏が、死後閻魔になったという説話も出来、北宋の政治家・包拯は閻魔大王になったと信じられていた。

         

        平成29年1月16日にお詣りしました賢台山 法乘院 賢法寺 深川ゑんま堂の閻魔大王です。

         

        日本

        日本仏教においては地蔵菩薩と同一の存在と解され、地蔵菩薩の化身ともされている。

        後に閻魔の本地とされる地蔵菩薩は奈良時代には『地蔵十輪経』によって伝来していたが、現世利益優先の当時の世相のもとでは普及しなかった。
        平安時代になって末法思想が蔓延するにしたがい源信らによって平安初期には貴族、平安後期には一般民衆と広く布教されるようになり、鎌倉初期には預修十王生七経から更なる偽経の『地蔵菩薩発心因縁十王経』(略して『地蔵十王経』)が生み出された。
        これにより閻魔の本地が地蔵菩薩であるといわれ(ここから、一部で言われている閻魔と地蔵とを同一の尊格と考える説が派生した)、閻魔王のみならず十王信仰も普及するようになった。
        本地である地蔵菩薩は地獄と浄土を往来出来るとされる。

        なお前述の通り、十二天の焔摩天は同じルーツを持つ神ともいわれる。
        中国では焔摩天が閻魔大王に習合されていたが、日本に伝わった時にそれぞれ別個に伝わったため同一存在が二つに分かれたとも考えられている。

        閻魔王の法廷には、浄玻璃鏡という特殊な鏡が装備されている。
        この魔鏡はすべての亡者の生前の行為をのこらず記録し、裁きの場でスクリーンに上映する機能を持つ。
        そのため、裁かれる亡者が閻魔王の尋問に嘘をついても、たちまち見破られるという。
        司録司命(しみょう)という地獄の書記官が左右に控え、閻魔王の業務を補佐している。
        平安時代の公卿・小野篁には、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという伝説がある。
        戦国時代の武将・直江兼続にも、閻魔大王宛に死者の返還を求める手紙を書いたという逸話がある。

        京都府大山崎町の宝積寺には、閻魔・司録・司命が居並ぶ地獄の法廷を再現した鎌倉時代の木像があり、重要文化財に指定されている。

        大阪市浪速区には、閻魔を祀った西方寺閻魔堂(正式には「合邦辻閻魔堂西方寺」。創建は伝・聖徳太子)があり、浄瑠璃の「摂州合邦辻」の舞台にもなっている。

        1月16日・7月16日前後、奉公人は休暇を貰い故郷に帰る藪入りの日であった。
        余暇を使いその日に閻魔堂に詣でたり、芝居などを楽しむ奉公人が多く、昔は1月16日・7月16日を「賽日・初閻魔」と呼んでいた。
        関東から中部地方にかけては、7月1日には地獄も定休日として罪人を煮る釜のふたを開き、亡者を苛むのを休んだということから「釜蓋朔日」と呼び、この日から盆入りとする。

         

        深川ゑんま堂 地獄絵図の閻魔大王

         

        閻魔王はコンニャクが大好物であるという俗説もある。
        東京・文京区の源覚寺にこんにゃくを供えれば眼病を治すという「こんにゃくえんま」像があるほか、各地の閻魔堂でこんにゃく炊きの行事が行われる。
                            (Wikipediaより)

         

        posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:35 | comments(0) | - |
        明治神宮御苑 鏡台山 萩の下露 三歳松風(みとせまつかぜ)
        0

          引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

          解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

           

           

          6月13日

           

           

           

          鏡台山

           

           

          鏡台山   きょうだいさん   KYHODAI SAN

          江戸系   中生   青紫色に同色砂子が入り、白細筋が入る平咲きの六英。

          花径はおよそ16cm程度の中輪。
          草丈は100cm前後。

          性質は普通。

          繁殖は少なめ。

          江戸花菖蒲古花の一つ。

          栽培はひじょうに稀な品種。

          このホームページでは各系統の古花を多く掲載してある。

          現在、戦前に育成されたとされる古品種は、江戸花菖蒲が大船系を含めおよそ200品種前後、伊勢花菖蒲の古花は、およそ50品種前後、熊本花菖蒲の古花は、およそ30品種前後が現存している。

          何で新品種にくらべ花も見劣りし、性質も弱い古品種を多く紹介するのかと疑問に思われるかもしれないが、これらの花は花菖蒲の文化財であり、つまりは日本の伝統園芸の、ひいては日本文化の文化財だと思うからである。

          これがまず理由の一つ。

          二つ目は、現代の私たちが使用していない遺伝子を持っていて、使い方次第で新しい育種の展開が開ける可能性がある。

          三つ目に、長い時間人の審美眼を通って選ばれて来た花であり、感性豊かな古い時代の人たちの観賞眼によって選ばれて来た花なので、その美的な完成度の高さという点で、参考になる点が非常に多いこと。

          四つ目に、新花はいくらでも作出できるが、古花は一度絶やしたらそれでおしまいである。

          これらの理由からここで紹介し、保存が必要であることを訴えるため、古品種を多く紹介している。  

                         (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

           

           

           

           

           

           

          萩の下露

           

           

          萩の下露   はぎのしたつゆ   HAGI NO SHITATSUYU

          江戸系   中生   紅紫に白の流れ絞りの六英花。

          芯は白く先端は紅色。

          花径は15cm程度の中輪。
          草丈は100cmほど。

          江戸花菖蒲の古花の一つで、明治神宮御苑の花菖蒲図譜には記載されているが、栽培の少ない品種。
          江戸古花にしては豪華な花で、肥後系っぽい感じも受ける。

                         (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

           

           

           

           

           

           

          三歳松風

           

          イメージ 1

           

          皇居東御苑二の丸庭園の花菖蒲

           

          三歳松風 みとせまつかぜ

          納戸に淡色吹雪絞、平咲き大輪

                         (江戸城跡の散策より)

           

          posted by: 1513neoya | 植物 | 03:34 | comments(0) | - |
          明治神宮御苑 伊達道具 古稀の色 勇獅子
          0

            引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

            解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

             

             

            6月13日

             

             

             

            伊達道具

             

             

            伊達道具   だてどうぐ   DATE DOGU

            江戸系   中生   薄紅色に白筋の入る三英花。

            花径はおよそ14cm前後の中小輪。
            草丈は80cm前後。

            性質、繁殖は普通。

            江戸花菖蒲古花の一つ。

            明治18(1885)年以前の作。

            小型の花で現代の品種にくらべ地味なため、栽培は比較的少ない。

                           (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

             

             

             

             

            古稀の色

             

             

            古稀の色   こきのいろ   KOKI NO IRO

            江戸系   中生   

            艶の良い濃紺紫の六英から旗弁が出る程度の半八重咲き。
            花径はおよそ16cm程度の中輪。

            草丈は100cmを超える。

            性質、栽培は普通。

            戦前の作の江戸花菖蒲の古花の一つ。

                           (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

             

             

             

             

            勇獅子

             

             

            勇獅子   いさみじし   ISAMIJISHI

            江戸系   澄んだ藍色地に白筋の入る八重踊り咲き、直径18cmを超える大輪で、

            草丈が非常に高くよく出来ると150cm前後になる。

            ただ、草丈が高い分、倒れやすい感じである。

            明治27年以前に作出された江戸花菖蒲の古花の一つ。

                           (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

             

            posted by: 1513neoya | 植物 | 03:12 | comments(0) | - |
            明治神宮御苑 秀紫 鶴の毛衣 連城璧
            0

              引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

              解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

               

              6月13日

               

               

               

              秀紫

               

               

              秀 紫   ひでむらさき   HIDE MURASAKI

              江戸系   中晩   やや紅がかる濃紫の三英花。

              花径は18cm程度の大輪から極大輪。
              草丈は70cm内外。

              性質はやや弱く、繁殖も少ない。

              江戸花菖蒲の古花の一つで、明治の30年代に作出されたもの。

              江戸古花の中では大きな花で、肥後系と言っても不思議はないほど堂々とした花である。

              だ、花弁が凹凸の縮緬地で、よく見ると肥後系とは異なる印象を受ける。

                             (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

               

               

               

               

              鶴の毛衣

               

               

              鶴の毛衣   つるのけごろも   TSURU NO KEGOROMO

              江戸系   中生   純白の気品ある三英花。

              花径はおよそ16cm前後の中輪。

              独特の先端がやや尖ったような花弁が特徴。

              草丈は60cm前後。

              性質は弱く繁殖も少ない。

              江戸花菖蒲古花のなかでも、松平菖翁の作出した「菖翁花」と呼ばれている品種の一つで、菖翁花は現在10数種類が現存しているものと思われる。
              この品種は、菖翁の花菖蒲品種目録「花菖蒲花銘」に記載され、菖翁花の中ではよく知られている。

               

              菖翁昔語り 
              菖翁という人物を知るには、「花菖培養録」を読んでみると良い。

              加茂花菖蒲園のホームページにUPされているし、現代語に訳になってているので、読むのは簡単である。

              難しい内容でもないし、菖翁の花菖蒲を思う気持いたる所から伝わってくる。

              園芸の古文書としても、何度読んでも興味深い内容である。

              私は自序の個所は暗記してしまった。

              そして、この本の内容を知ってこそ「宇 宙」の良さがわかるというものである。

              この本を読んでみると、菖翁は花の品格ということをしきりと言っている。

              世間で一般に広まっている花は、単純な平咲きで品がないものであるとか、

              「花の位においては三英に限るけれども、近年珍しく(豪華な)花が出尽くしたので、三英、六英のような花は見慣れてしまって眼を驚かすことはできない。三英花と並べると、花の品位は劣るけれども、八重千英の花形は昔にはなかったもになので未曾有の珍花である。」

              というふうに、花の品格を重視した上で、自らが作出した八重咲きのことを語っている。

                             (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

               

               

               

               

              連城璧

               

               

              連城の璧   れんじょうのたま   RENJHO NO TAMA

              江戸系   中生   薄い藤紫の六英花。

              花径はおよそ14cm程度の中輪。
              草丈は低く50cm程度。

              性質は丈夫で繁殖も良い。

              しかし、葉の色がやや黄色っぽいので、花が浮き立たない。

              江戸花菖蒲の古花の中でも、松平菖翁が作出した、「菖翁花」と呼ばれている品種の一つ。
              菖翁花の中では一番丈夫で繁殖も良いので、普及しており、安価に販売されていた時代のもあるが、その歴史的な価値としては、たいへん貴重な品種である。
              江戸末期の弘化、嘉永年代頃の作。

              よく、「連城の
              」と読んだり、種苗会社からの注文書などにも、よくこう書いて来る人がいるが、カベではなく「璧」である。

              この名前は、中国の古事からとったもので、多くの城と交換してくれと言われても惜しいほど素晴らしい玉(ぎょく)というほどの意味で、つまりそれほど素晴らしい花なのだという意味である。
              菖翁という人は、京都では禁裏付などの仕事もしていたためか、博学で上流階級の人物であった。
              彼の作花は300品種に迫るが、和歌や能楽、中国の古事から取った名称も多く、そういった教養がないと何を意図しているのか理解が難しい。

              花菖蒲は江戸時代、端午の節句の祭りの花としての性格を持っていた。

              堀切では、さまざまな切花を江戸向けに生産出荷していたが、花菖蒲も端午の節句の祭りの花として生産しており、それが花菖蒲園に発展していったのが、堀切の花菖蒲園である。

              しかし菖翁は、節句の祭りの花という花菖蒲の性格を追求せず、たとえ節句には間に合わなくても、花そのものの美を追求し、花菖蒲を純粋な芸術にまで高めた。

              また「花菖培養録」などの著作を書き表すことで文化性を持たせ、その業績を熊本に伝えることで、熊本花菖蒲(肥後系)の始祖ともなり、彼自身の思想を後世に残した。

              それが菖翁が花菖蒲中興の祖と呼ばれる所以である。

              菖翁昔語り 
              菖翁の花菖蒲栽培は一つ一つ命名してはいなかった。

              ただ番号を付けて栽培してあった。

              それで毎年開花の時になれば臨時に命名して観賞されたものである。

              たとえば8種の花を選出して、近江八景にちなんで命名し、白花を「比良の暮雪」、絞りを「唐崎の雨夜」というふうに観賞し、翌年は前年の比良の暮雪が「加茂川」と命名されるといったありさまで一定していなかった。
              しかし、菖翁が熊本に苗を送るとき、名前が無くては困るだろうからと言って、この時はじめて各種に命名して送られたから、それ以来、花菖蒲に固有の名称があるようになった。

              菖翁は、一つの花に二つの名前を与えたこともあった。

              すなわち「昇 竜」という花は咲き始めは昇 竜で、咲き尽くしたところで「古金襴」と改名した。

              また「漣」という花は、咲き始めは玉状になるから「連城の壁」と云い、開けば「漣」と称えられた。

              (「肥後藩の物産家と園芸家」熊本 上妻文庫より)

                             (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

               

              posted by: 1513neoya | 植物 | 03:35 | comments(0) | - |
              ジャガイモ掘り
              0

                7月11日

                 

                どんよりとした曇り空の日が続いています。

                夕方から雨が降る予報が出ていますので、降る前にジャガイモを掘ろうと思います。

                 

                 

                掘り起こすと昨年までより小ぶりですね。

                 

                 

                一株辺りの数も少ないようです。

                 

                 

                今日は、3畝掘ったところで腰が痛くなってきたので止めます。

                段ボール箱に詰めて孫のところに持っていこうと思います。

                 

                 

                10時06分の気温は22.8℃です。

                ちなみにこの日のさいたま市の最高気温は22.8℃、最低気温は18.8℃で寒い位でした。

                7月になって30℃を越えた日はまだ1日もありません。

                6月も30℃を越えた日は4日しかないですね。

                今年は昨年と違って冷夏ですかね。

                 

                 

                スイカも寒そうです。

                 

                posted by: 1513neoya | 野菜作り | 03:46 | comments(0) | - |
                明治神宮御苑 小町娘 花錦 五節舞
                0

                  引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

                  解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

                   

                  6月13日

                   

                   

                   

                  小町娘

                   

                   

                  小町娘   こまちむすめ   KOMACHI MUSUME

                  江戸系   中生   白地にわずかに紅砂子が入り、紅細脈が入り、鉾は紅紫の三英花。
                  花径はおよそ10cm程度の小輪。

                  草丈はやや低く60cm前後。

                  性質は丈夫でよく殖える。

                  江戸系の古花とされているが、いつ頃の作かは不明。

                  花型としては江戸時代中期頃の花だといってもおかしくない単純な花容である。

                  10年くらい前まで、当園で小町娘の「小」の文字が抜けて「町娘」として販売されていたので、こちらでも植栽されている園があるかもしれない。

                  明治神宮や浜松フラワーパークなどで間違いであることを見つけ、その後「小町娘」に直した。

                  こうしたことはままあり、知識の無い者が担当すると、途端に名称が変わって「新品種」が出来上がってしまう。

                                 (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

                   

                   

                   

                   

                  花錦

                   

                   

                  花錦(はなにしき)

                   

                  江戸系  中生 六英 中輪 

                   

                  濃紅紫に白太筋少し、芯白く先端紅紫

                   

                  平咲き

                                 (青梅市吹上しょうぶ公園より)

                   

                   

                  係りの人が花菖蒲の手入れをしています。

                   

                   

                   

                   

                  五節舞

                   

                   

                  五節の舞   ごせちのまい   GOSECHI NO MAI

                  江戸系   青紫地に濃青紫紫脈の入る六英平咲き。

                  花径は約16cm前後。
                   

                  江戸古花の一つで、菖翁の「花菖蒲花銘」にこの名があるが、菖翁作かどうかは不明。
                  「笑布袋」などに似たタイプの品種だが、栽培は少ない。

                                 (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

                   

                  posted by: 1513neoya | 植物 | 02:52 | comments(0) | - |
                  明治神宮御苑 湖水の色 万里の響 麒麟閣
                  0

                    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

                    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

                     

                    6月13日

                     

                     

                     

                    湖水の色

                     

                     

                    湖水の色   こすいのいろ   KOSUI NO IRO

                    江戸系   白地にごく薄い水色がぼかす六英花。

                    花径はおよそ14cmほどの中輪。
                    草丈は100cm前後。

                    性質、繁殖は良好。

                    江戸花菖蒲の古花の一つで、丈夫でよく殖えるので昔からよく普及している品種である。
                    単純な花容でおとなしい感じの花。

                                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

                     

                     

                     

                     

                    万里の響

                     

                     

                    万里の響   ばんりのひびき   BANRI NO HIBIKI

                    江戸系   中晩生   白地に青紫の筋が入る三英咲き。

                    花径はおよそ16cm程度の中輪。
                    草丈は100cm程度。

                    性質は丈夫で繁殖も良い。

                    江戸花菖蒲の古花の一つで、この白地に紫の脈が入る花の代表的な品種。

                    その割には普及していない。

                    一輪では物足りない感じだが、群れて咲くと爽やかで、群植に向く江戸花菖蒲らしい花である。 

                                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)  

                     

                     

                     

                     

                    麒麟閣

                     

                    麒麟角 きりんかく 紫無地 中輪 紫系三英

                                   (江戸花菖蒲現存古花一覧より)

                     

                    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:34 | comments(0) | - |
                    明治神宮御苑 七宝 五湖遊 長生殿
                    0

                      引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

                      解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

                       

                      6月13日

                       

                       

                       

                      七宝

                       

                       

                      七宝(七寶)
                      (しっぽう)


                      菖翁花

                      青紫に白筋が入る六英中輪。
                      やや垂れた平咲き。

                      七宝とは仏教で貴重とされる七種の宝物。
                      金、銀、瑠璃、玻璃、珊瑚、瑪瑙などの宝石のこと。

                                     (広島市植物公園より

                       

                       

                       

                       

                      五湖遊

                       

                       

                      五湖の遊   ごこのあそび   GOKO NO ASOBI

                      江戸系   中晩生   青紫に白の小筋、六英で希に半八重になる。

                      花径はおよそ14cm程度の中輪。
                      草丈は60cm内外。

                      性質、繁殖は普通。

                      「花菖蒲花銘」には「牡丹咲き薄紫無地狂い」とある。

                      菖翁が作出した品種の中でもトップクラスの名花だったようで、各年本の「花菖培養録」の中にも多く描かれており、「花菖蒲花銘」でも「宇宙」「月下の波」「霓裳羽衣」「獅子奮迅」に次ぐ五番目に記されている。

                      また「菖蒲図譜」にも濃青色で、丁度今日の「霓裳羽衣」のような八重咲きの姿に描かれている。

                      今日の「五湖の遊」は明るい青紫に白筋の入る受け咲きの六英なので、菖翁作のものとは別種かと思われるが、江戸後期流行の受け咲きの姿に咲き、時として旗弁が出て八重に近く咲くこともあり、「狂い」の特徴を現わすこともある。

                                     (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

                       

                       

                       

                       

                      長生殿

                       

                       

                      長生殿   ちょうせいでん   CHOSEIDEN

                      江戸系   中生   白地にやや薄い紅紫の大覆輪。

                      平咲きで花径はおよそ14cm程度の中輪。
                      草丈は120cmを越え高く、性質は丈夫で繁殖も良い。

                      江戸花菖蒲の古花の一つ。

                      「菖花譜」という菖翁作などの花菖蒲品種目録に記載されており、それによると、万年禄三郎という人物の作とのことである。

                      この人物は、菖翁は旧友と語っており、江戸時代末期、本所の割下水に住んだ旗本であった。

                      菖翁は彼のことを「名に負おふ花好き」と呼んでいるが、菖翁のように自作の品種を秘蔵することなく、花菖蒲の新花を作出しては販売した。

                      菖翁はそんな彼を「培養録」の中で、「ああ、彼は花を好んでも愛さなかったのか、珍しい花が現れるとすぐ売ってしまったと聞く。」といって嘆いてるが、これらの品種が堀切の小高伊左衛門に渡り、以降堀切の花菖蒲は益々隆盛を極めるようになったと考えられる。

                      江戸時代の花菖蒲の育種家と言うと、松平菖翁ばかりが目立つが、菖翁の花が堀切に普及するのは幕末から明治に入ってからなので、菖翁以上に江戸後期の堀切の隆盛に貢献したのが、この万年氏ではないかと推察される。

                      この長生殿という品種を、菖翁は「培養録」の中で「平咲きの雑花」と言っているが、今となっては花菖蒲の歴史の生き証人のような花である。

                      なお、この品種を自家受粉させて実生すると海老茶色のようなくすんだ薄紅色の花が現れる。

                      「峠の茶屋」などがこれに当たるが、江戸後期の花菖蒲の色彩の一つだったようだ。

                                     (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

                       

                      posted by: 1513neoya | 植物 | 03:36 | comments(0) | - |